インフォメーション

オーパ・クラフトの社長ブログ

推敲段階のチラシ

パンフレット推敲中

2019 .04 .28 staff

連休が始まりましたが,皆様いかがお過ごしでしょうか。オーパはこの連休は飛び石の営業となり,納品やお客様への対応などもありますが,気になっていた懸案を順番に片付けていこうと,いろいろ頭を悩ませていたりもします。

現在推敲しているのは,昨年度発売したミラクル・フロートはねあげタイプ単独のパンフレット。まずは一押しの商品のパンフレットを試しに作ってみようとしています。もちろん,デザインやコピーなど,いずれはプロの手を借りて仕上げていきますが,本格的なパンフレットの刷新や総合カタログの作成の準備として,どんなお伝え方をすればいいかなど,普段使っている頭の場所とは別のところをなんとか働かせて知恵を絞っております。

チラシ推敲中

以前プロの業者さんにつくっていただいたパンフレットをながめたり,新たにおぼえた写真の切り抜きを試しにしてみたり,お客さんからお聞きしたコメントを思い出しつつ,デザインやコピーを書いては消し,書いては消し…。

ここのところ,防災艇事業関連や行政さんがらみの活動の報告ばかり続いていますが,レジャー艇の製造・納品もずっと続いており,実は工場に入り浸りの毎日を過ごしてきました。本当は,ドローンを使って海の上ではね上げ式フロートの使用シーンをいろんな角度から動画で撮ってみたいのですが,あっという間にもう4月も終わりに近づき,ボート・フィッシングの本格シーズンが目の前です。

後追いの話ばかりではなく,実は2019年の新商品の開発も進んでおり,いよいよ佳境を迎えています。オーパ・クラフトはほぼ毎年,ボートシーズン開幕に間に合わせることを目標に,新しい商品を開発してきました。たとえば,ここ数年では,はね上げ式のフロートが発売された後も,防災艇用で大変ご高評をいただいている操作ハンドルのレジャー艇版「超カル!」や,ボートカバー,ボードレールなどを発売しています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

「超カル」はオーパの公式サイトトップページ掲載の防災艇事業の動画で出てくる操作ハンドルの丈をかなり短くしたものです。防災艇用のような,窓ガラスを割って取り残された人の救助のために隊員突入!といった緊迫した場面での使い方ではなく,ご覧のようにのんびりボートを出船・引き上げしたりする際に使うものです。重心位置にあるバランス・ドーリーと組み合わせ,オーパのボートの取り回しがより便利になります。というのも,「超カル」がなかった頃は,バランス・ドーリーをつけたボートといえど,取り回す際には多少腰をかがめたりすることが多かったのですが,これを使えば,腰を伸ばしたままでボートを運ぶことができるのです。

ボートカバーも防災艇事業から生まれたレジャー艇用のオプションです。高級テント地使用の本格品です。オーパのボートは立てたまま保管できるので,場所をとらないという特徴がありますが,むき出しのままで縛って保管しておくのは,太陽光にさらされたり,縛った紐などで船体が多少歪む心配もあります。そこで,ボート全体をカバーで包み,カバーに付いた転倒防止リングを使って固定することで,保管中の愛艇をよりしっかりと守り抜くことができる商品です*写真が今手元にないので,後日掲載します。

2019年発売予定商品の試作品の一部です。試作品ですのであらい仕上げになっていますが,商品になるころにはもちろんきめ細かな仕上げになります。

2019年発売予定商品の試作品の一部分のアップ画像です。試作品ですのであらい仕上げになっていますが,商品になるころにはもちろんきめ細かな仕上げになります。

そして2019年の新商品は,現在ほぼ開発が終了し,現在,有志の皆さんによる最終レビュー評価中。今回は,オーパのボートの利便性を更にアップすることを重視した商品ですが,もちろん,安全性や耐久性の追求に抜かりなく,社内で十分に検討,評価しながら開発してきました。とはいえ,やはり大勢のユーザー様が現場で使用したときの微妙な使い勝手に対するご意見を反映した最終仕上げは欠かせません。自信作の逸品ではありますが,何が出てくるかはお楽しみ!

こうしていろいろ書いてみましたが,パンフレットや商品写真の他,わかりやすい価格表示やセット商品のご提案,ユーザーズマニュアルの整備,サイトのデザインや構成のブラッシュアップなど,オーパがまだやれていないことはたくさんありますね。開発・生産・販売を支える体制のさらなる強化も課題です。オーパらしく,ゆっくりと,着実に進めてまいります。