インフォメーション

キーワード:  オプション


ボートフック
2018 .05 .20

ボートフックはボートを岸に上げたりする際に便利に使用できる備品です。 Tags: オプション


シーアンカー
2018 .05 .20

シーアンカーは,船首から海に投入し,海水の抵抗を受けて錨のような役をさせる布製の器具です。海錨(かいびょう)ともいいます。 シーアンカーは,流し釣りの時に船が風によって向きが不安定になるのを防ぐために使うほか,荒天で航行 … 続きを読む


カムクリート
2018 .05 .19

アンカーロープや係船用ロープをワンタッチで留める装置です。左図の様につのローラーとセットで使えば,後部船体にいる操船者がロープ引き上げのために船首に移動せずに,操船姿勢を保ったままロープを引き上げ,カムクリ-トに引き込ん … 続きを読む


2連ロッドホルダー
2018 .05 .10

釣り竿を入れておく2連型のロッドホルダーです。 右の写真では船体に引っ掛ける金具と,船体から伸びるテープで止めてあることがご覧になれるかとおもいますが,テープ部品の方は,別オプションです。金具でひっかけただけでは船が多少 … 続きを読む


木製船外機スタンド
2018 .05 .08

エンジン式の船外機は使用後の水洗いが必須です。オーパ・クラフトの木製船外機スタンドは,装飾を排し,実用本位です。 Tags: オプション


コマセホルダー(プラスチック容器は含みません)
2018 .05 .08

コマセホルダーです(写真に写っているプラスチック容器は,コマセホルダーには含まれません)。2009年9月発売。意匠登録済みです(意匠登録第1392209号)。 このコマセホルダーにも,オーパ・クラフトの工夫をもりこんでお … 続きを読む


ドーリー
2018 .02 .27

オーパ・クラフトのドーリーの特徴は,ボートの取り回しが楽なことです。その秘密は,ドーリーを装着するソケットの位置にあります。写真でご覧になれます通り,エンジンを装着した状態でも,簡単にボートを水平な状態で保つことができま … 続きを読む


特許を取得したオリジナルウェーブ・ブロッカー
2018 .02 .24

小型ボートは,小さいだけに波や風の影響を受けてやすい乗り物。特に波による船首からの海水の浸水は,安全性の面からもできる限り防ぎたいものです。 そこで「波の浸水」を防ぐためにオーパ・クラフトが開発したのがオリジナル「ウェー … 続きを読む


2018 .02 .21

なぜ、圧倒的に「気軽」&「扱いやすい」のか? 座りながらも、ロープ操作がラクラク! エンジンを操作しながらも、魚群探知機で見つけた「ここぞ! 」というスポットでアンカーを落としたい!そんな気持ちにお応えするのが、ツノロー … 続きを読む


2018 .02 .21

なぜ、圧倒的に「気軽」&「扱いやすい」のか? ウェーブブロッカーの装着があっという間! 波しぶきの侵入をブロックしてくれる「ウェーブブロッカー」。2分割可倒式なので、それぞれ左右にスライドさせたり、簡単に取り外しもできま … 続きを読む


魚群探知機センサーホルダー
2017 .09 .24

魚群探知機センサーホルダーです。魚探用船体加工で取り付けます。右の写真の奥側に,センサーを挿入した状態で写っています。手前側の穴は,釣り竿を入れておくため,船の後ろの空気室にくっついた状態でつくってありますが,センサーホ … 続きを読む


幅広タイヤで段差を乗り越える(4)
2017 .07 .17

先日取り扱い開始をお知らせしたドーリー用の幅広のタイヤ,オーパのお客様から使用シーン写真をいただきました。 これまでのタイヤでは乗り越えられないような柔らかで段差があるような場所でもラクラク乗り越えられてすごく楽になった … 続きを読む


はねあげフロートを装着して走行するオーパ・クラフトの2分割ボート
2017 .03 .13

発売以来,ご好評をいただいているオーパ・クラフトのボート用トレーラ,春になり,お問合わせを頂くことが多くなってきましたが,現在,商品改良のため,受注を一時,休止しております。申し訳ございません。 現在,最新の法規制や技術 … 続きを読む


跳ね上げフロート画像
2017 .03 .09

安全・安心な移動にフロートは大切 小型船に限らず,転覆防止用のフロートは水につかる場所で船体に固定されています。フロートは本体が水につかっていることで浮力を生ませ,船が横に回転してしまうことを防いでいるからです。 でも, … 続きを読む


はねあげフロートを装着して走行するオーパ・クラフトの2分割ボート
2017 .03 .03

2馬力専用艇(オーパライト3)には、2馬力しか搭載できません。 それ以外の船舶検査を受検できるタイプの艇には,6馬力の船外機まで搭載可能です。ただし,設計上,重量が30kgまでの制限があります。   Tags: … 続きを読む


カテゴリ:よくあるご質問 戻る