空気室の配置説明図

巧みな船内構造

重心が低い「底板方式」だから、確かな安定感がある。

より安定した小型ボートにするには、何が必要だろうか。そんな視点から開発を進めた結果、オーパ・クラフトが着目したもの。それが「重心の位置」でした。小型ボートは、船底に近いに荷物を置けば重心が低くなり、少々揺れても転覆しなくなる。この事実をふまえつつ、漁師さんからのアドバイスも加味しながら開発を推進。現在の「底板方式」を採用するとともに、独自の船型にたどり着きました。

たとえば、ボートに椅子を設置した場合、重心が高くなり、とても不安定になります。しかし、オーパ・クラフトは「底板方式」であるため、いざというとき底板に座ることができます。つまり、人が一番重い「おもり」の役目を果たすことで重心が低くなり、安定感を確保できるのです。また底板に座ることで船の側面が壁となり、海へ投げ出されにくいというメリットもあります。こうした船の構造とともに、フェンダーフロートとの組み合わせることで、安全性が飛躍的に向上しています。

 

万一、浸水しても「3点浮力体」で、転覆を予防。

たいていのボートには、沈んでしまわないよう、船体の前後に「浮力体」を備えています。しかし、この浮力体の位置が、実は問題なのです。もし、ボートが左右どちらかに傾いたとき、前後の「浮力体」が回転軸となり、クルリと横転してしまいます。そこでオーパ・クラフトでは、図のように3点浮力体を配置。これにより船体の安定感を確保しています。万一のとき、船体が水で満たされたとしても、この三点に分散した浮力によって転覆を予防。さらにフェンダーフロートを装着することで、転覆予防に絶大な効果を発揮してくれます。

空気室の配置説明図

オーパ・クラフトの分割ボートには船内の隅3箇所に空気室が配置されています。

フロートがついていればボートの片側に寄っても大丈夫

フロートがついていればボートの片側に寄っても大丈夫