インフォメーション

防災艇関連情報

20190313中部経済新聞−部分

中部経済新聞に掲載されました

2019 .03 .13 staff

オーパ・クラフトの防災艇事業の取り組みが,本日付の中部経済新聞にとりあげられました。今回は、浮力が二倍になった防災艇専用の大型フロートが中心です。尾張・知多版に掲載していただいています。

オーパ・クラフトの独自のオプション,フェンダーフロートには,固定式・はねあげ式の二種類あります。今回発売する浮力二倍の防災艇用フロートにももちろんはね上げ式があり,水上での移動のさまたげになることなくフロートを装着したままにして救援・救難活動が行なえます。

オーパ・クラフトは,小型のFRPボートは片側に重さがかたよると安定性を損ない,転覆するおそれがでてくるという課題を解決すべく,独自のフェンダー・フロートを開発・販売してまいりました。おかげさまで,最近では小型FRPといえばフロート必須という声が高まってきました。特に防災艇は,レジャー用途に比べて積載する人員数や荷物も多くなりがちですし,水上・航行中の荷物の出し入れや乗船・下船なども頻繁にあると思われますので,FRP製小型防災ボートにはフロートは必須の装具だと考えています。おかげさまで,ものの数秒で脱着が可能というだけでなく,綿密な設計、強度試験を経て大変優れた強度と耐久性を誇っているオーパ・クラフトのフェンダー・フロートつき小型分割式防災ボートRB-31Aは,機動性の高い小型ボート防災の現場で大変高いご評価をいただいております。

こうして大勢の皆さまが御覧頂いている場所で当社の商品の紹介をしていただけることは,オーパ・クラフトが求める小型ボートの安全性確保や、防災現場の迅速な活動につながると期待しております。納品までにかなり長い時間をいただくようになってしまっていますが,記事でも触れられているとおり,引き続き,伸びつつある需要にお応えるべく,オーパ・クラフトでは人員増強や一部工程の機械化など体制の見直しを図っているところです。ご理解,ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

タグ: , , , , ,