インフォメーション

オーパ・クラフトの社長ブログ


【お知らせ】船体操作用補助ハンドル「超カル!」発売のお知らせ

2018 .08 .21 staff

新商品発売のお知らせです。

有限会社オーパ・クラフトは,このたび,ボートの取り扱いを楽にする船体操作用補助ハンドル「超カル!」をまもなく発売いたします。

この防災艇用の操作ハンドルをレジャー用に向けて改めて商品コンセプトから検討し,開発したのが,操作用補助ハンドル「超カル!」です。

超カル!はバウデッキに装着します。そしてご覧のように,砂地でも坂道でも,楽な姿勢でボートを操作することが出来るようになりました。

超カル!を使うと,これらの写真のように,砂地や坂道でも簡単にボートを操作できます(ただし,坂道ではボートが転げ落ちることのないよう,周りに気を配りながら,慎重に扱ってください)。

オーパ・クラフトの分割ボートは,重量バランスのとれた位置にドーリーのソケットがついています。ボートの重量バランスが取りやすい状態で支えていますので,船外機が装着されていたり,ボートの中に荷物が乗っていたりしても,軽い力で水平バランスを保つことができ,小さな力で楽にボートを動かすことができます。

オーパ・クラフトの分割ボートは重量バランスの取れた位置にドーリー用ソケットが配置されており,船外機が装着されていても,軽く手を添えるだけでボートの水平バランスが保たれています。

オーパ・クラフトの分割ボートは重量バランスの取れた位置にドーリー用ソケットが配置されており,船外機が装着されていても,軽く手を添えるだけでボートの水平バランスが保たれています。

ボートの重量バランスの取れた位置にドーリーやフロートのソケットを装備するには,絶妙な船体強化が必要となります。丈夫にするために単にその場所だけ船体を分厚くしたり固くしすぎたりすると,その周囲の比較的柔らかかったり薄かったりするところとの境目に力が集中してしまうのです。そこでオーパ・クラフトのボートは,巧妙に力を分散させるという設計思想でボートをつくっています。この思想がボート全体に貫かれているため,ドーリーやフロート,分割したボートの結合部や操作ハンドルをかける部分など,集中的に力がかかる部位があっても,安心してボートをとりまわし,利用できるのです。

この操作ハンドルは,オーパ・クラフトの防災艇事業から生まれました。防災現場では,操船する人が船外に出て,船を手で引っ張るという場面があります。こういったときに,以前は腰をかがめて押したり引っ張ったりするつらい作業となっていましたが,オーパ・クラフトではその船体の丈夫さを活かし,操作ハンドルという操船に便利なパーツを開発しました。防災用の操作ハンドルは実用新案登録もしております。

皆様の快適・安全なボートライフを守るため,オーパ・クラフトはこれからも自社の強みを活かした商品開発・商品づくりを続けます。