オーパ・クラフト 分割ボートのパイオニア

Tel:0562-57-3902 お問合せフォーム

目的別ガイド

第二の人生の趣味として、ボート釣りを堪能したい!

仕事から開放され、いよいよ第二の人生へ。これを機に、本格的にボートフィッシィングをお考えなら、一生もののボートを選びたいものです。オーパ・クラフトの分割式小型ボートなら、耐久性に優れたFRP製。アフターメンテナンスに神経を使う必要がほとんどありません。組み立て・分解が10秒たらずで、無駄な労力も不要です。耐久性に優れ、扱いやすい。さらに38年もの実績に裏づけられた安全性と、充実したアフターサービス、使い勝手のいいオプションの数々。まさに10年、20年使い続けるにふさわしい、コストパフォーマンスに優れた一艇です。

第二の人生の趣味として購入をお考えの方からの
多くお問合せのポイント等をまとめてみました。

すべて表示する
60歳を過ぎた私は、事務系の仕事でしたので、力にはあまり自信がありません。そんな私でも無理なく取り扱えるボートを探しています。またせっかく購入するなら、できれば後10年~15年程度は使い続けたいと思っていますが…。

当社ボートのオーナーには、70歳台の方が多くいらっしゃいます。そうした方々は、10年以上使い続けた方が多く、しかも現役の頃はそれほど、力自慢ではなかった方が半数以上を占めています。
皆様が口々におっしゃるのが、「船体の半分なら、私一人でも持てるよ」ということです。これは分割ボートならではのメリットだといえましょう。特に2馬力専用船であるオーパライト3は、ご高齢の方でも長く使えるよう船体、各種オプションとも徹底した軽量化を図っています。こうした利便性を上げることは、安全性を上げるのと同じくらい徹底してこだわってきました。また、まるで長年愛用したお茶碗、お椀のように、温かみのあるフォルムにすることも意識しております。見栄えよりも、道具として飽きのこないボートが、オーパ・クラフトの魅力だと自負しています。おかげさまで、お一人あたりの平均使用年数が大変長いとう結果につながり、めったに中古艇が発生しないことにつながっていると感じています。

詳しく
これまで勤めてきた会社では、開発並びに品質管理をしてきました。そのせいか、どれだけモノづくりに打ち込んできたメーカーか気になります。また定番商品として、どれだけの歴史を刻んできたかも知りたいところです。

当社の所在地は、自動車王国で有名な愛知県です。圧倒的に「モノづくり」にこだわり続けてきた方々が多い土地柄です。安全性、耐久性はもちろんのこと、道具としての利便性、コストパフォーマンスを厳しく査定されます。逆に言えばそうした評価の厳しい土地柄で39年間鍛えられてきたことで、小規模でありながら独自の方向性と暖簾(のれん)を守ってこられたと自負しています。
ちなみにお客様の中には、数年に渡り、ご自分の目や耳や足で情報を集め、かなり厚みのある収集資料を持参なさる方々もいらっしゃいます。そんな方の厳しい目にも、十分応えられるモノづくりをしていきたいと思っています。

詳しく
55歳を過ぎて、そろそろ管理職を下りることになりそうです。年収の高い現役中に、少々高いものであっても信頼できるメーカーから買いたい。しかも、コストパフォーマンスの高いボートが欲しいのですが…。

当社は、39年間7000艇以上の販売実績を積みながら、信頼を築いてまいりました。また、フロート事業に関しましては、経済産業省から優れた「愛知のプラスチック」事業として認定されています。きっとご満足いただける一艇をお選びいただけるのではないでしょうか。
また当社のボートに関しましては、国内素材を使った確かなFRP製品であり、標準的な使用と保管であれば、20年前後は使えます。そう考えると、単年度あたりのコストは決して高くはなりません。また平均的に一番すり減りやすいのは「船底」です。これは専用のガードを装着すること、さらに専用ドーリー(運搬補助タイヤ)にて運搬することで防ぐことができます。これによりメンテナンスの手間と費用を大幅に減らすことができます。

詳しく
若いころに堤防から釣りをしていましたが、晩年仕事に忙殺されほとんど趣味を持たず。気づけば50歳台なってしまいました。そろそろ定年後を見すえて、残りの人生を豊かにする趣味を真剣に始めたいと思っています。釣りは道具さえ揃えれば、エサ代程度なのでいいとは思うものの、ちょっと遅い気もするのですが…。

20年ぶり、30年ぶりに釣りを始めたいとの声を度々いただきます。またそんな方々は「定年してから始めたのでは遅い気がして…、」と感じておられるようです。
当社の例にあげますと、70歳台で元気にボート釣りをされている方がいらっしゃいます。その半数程度は、50歳台でボート釣りを始められたと聞きます。また昔と比べても元気な60歳が大変多い現在、年齢に関係なく始められてもいいのではないでしょうか。

詳しく
メーカーのカタログよりも、自分の足で釣り場を回り、実際に使用している方、特に同じ年代の使用者の評判を聞いてみました。その声を集めながら慎重に検討をしてきたので、あとは直接お店で相談したいのだけれど、どんなタイミングがいいですか?

特に50歳台以降の方は、価格だけなく、安全性や耐久性、コストパフォーマンスなどさまざまな面で慎重に選ばれるようです。そこには「ただのボート」ではなく、「趣味を支える大切な相棒」を選ぶといった感覚が強いのではないでしょうか。さて、来店のタイミングの件について。
平日はどうしても製造工場としての稼働に最重点が置かれますので、担当者が打ち合わせ等で不在なこともございます。そうした面からも、ご来店いただく場合は、十分な対応ができる「日曜日」をおススメします。また当社の所在地からして、伊勢湾、三河湾が中心エリアとなります。エリア外のお客様ですと、気軽に当社までボートを見学にご来店いただけないと思いますので、お気軽にお問い合わせください。

詳しく
すでに65歳を過ぎていますが、まだまだボートフィッシィングを楽しみたいと思っています。しかし、万が一体を壊したら、私のボートを買い取ってもらえるでしょうか?

ご安心ください。当社でご購入していただきましたボートは、新艇と中古艇とも基本的に買い取りが可能です。
買い取り基準ですが、標準的に使用、保管され、使用期間がおよそ15年未満のボートとなります。また下取り査定をしたとき「今後10年程度は使える」と判断されたボートのみの扱いとなりますのでご留意ください。なお、オークション品に関しましては、適切な履歴と使用状態が確認できないため、買い取りが困難でございます。この点は悪しからずご了承ください。

詳しく
このページのトップへ