オーパ・クラフト 分割ボートのパイオニア

Tel:0562-57-3902 お問合せフォーム

目的別ガイド

小型FRPボートへの乗り換えを、間違いないものにしたい!

念願かなってボートを買ったのに、「船を出す準備と分解って、時間もかかるし手間だな」「帰ってからのケアが、大変すぎて疲れる」…。楽しいはずのマリンレジャーも、こうした手間がかかってしまったら台無しです。そこでオーパ・クラフトの小型ボートなら、そんな不満も一気に解消! なんといっても組み立て・分解に必要な時間は、たった10秒なのです。FRP製なので、10年、20年と使い続けられる耐久性も十分。一人での持ち運びができるだけでなく、軽ワンボックスの荷台にも収納が可能。さらに付属しているオリジナルフロートで、驚くほどの安定性を確保しています。

FRPボートへの乗り換えをお考えの方からの
多くお問合せのポイント等をまとめてみました。

すべて表示する
子どもと一緒にゴムボートを利用しています。そろそろ買い替えを考えていますが、オーパ・クラフトは安定感や安全性は大丈夫?

お子様とボート遊びをなされるのであれば、少しでも安定感と安全性を確保したいところ。それなら当社のフロートを、ボート購入時に装着することをおススメします。
船の横揺れに対して、かなりの安心感を持っていただけるはずです。一度ご利用いただければ、より実感していただけることでしょう。

詳しく
これまで長年いろんなボートを乗り継いできました。しかし、この数年の不景気でボートを係留する費用等がかなり負担に。しかし、ボートがないことはあまりにも寂しいと思っています。できたら維持費がかからなく、丈夫でメンテナンスに神経質にならなくてもよいボートが欲しいのですが…。

オーパ・クラフトはFRP製なので、雨や海水等にはほとんど影響を受けません。
ちなみにFRPは、漁船にも使われているほどの手間のからない素材。ご使用された後、現場もしくは自宅で汚れや海水を軽く水洗いしていただければ十分です。

詳しく
他社製ボートから乗り換えをする場合は、下取りはできますか?

大変恐れ入りますが、他社製ボートの品質や安全性を十分検証することができません。
製造メーカーである当社としては、「お客様に安心して楽しめるボートを提供する」というポリシーがあります。よって品質が保証できないボートを扱うことは、そのポリシー反することになります。こうした理由により、他社製ボートの引き取り及び買い取りは、お断りさせていただいております。ご理解いただきますよう、お願いいたします。

詳しく
ボートが車載可能な車は?

商用軽ワンボックス車であれば、国内メーカー車(ダイハツ、ホンダ、スズキ、三菱、日産)で車載が可能です。
また乗用車タイプの軽ワンボックスでは、ダイハツのアトレーが車載可能となります。ただし、規格は、つねに変わっていきますので、あくまでも目安と考えてください。5ナンバー以上については、車載可能なタイプを順次、写真とともに掲載していく予定です。

詳しく
2馬力専用船で軽量タイプのオーパライトと、船舶検査のための予備検査が可能なオーパS3と迷っています。よいアドバイスはありませんか?

これはいろんな条件によって変わってきます。以下の項目をご参考にお選びください。

1)使用される方の体力は?
体力は個人差が大きいところですが、事務系のお仕事をされてきた60歳前後の方には、オーパライトをおススメしております。これは60歳台半ばを過ぎると数㎏の重量差が、出船回数に大きく影響するからです。

2)あと何年程度使い続けたいですか?
どちらのボートも、20年くらい使い続けられる耐久性があります。ちなみに現在60歳台後半から、70歳台のオーナーの方も多数(数百名)いらっしゃいます。お車の条件が整い、当社製ドーリーも併用できれば、さらに取り回しが楽になることでしょう。

3)行きたいエリア(水域)で、どの程度の移動距離(ボートによる)が想定されますか
小型ボートを使用する場合は、海の変化に素早く対応しなければなりません。そのため安全と思われる出船した場所近くに、10分程度で帰れることが重視されます。2馬力船であれば、出船場所から数百mの範囲が目安となるでしょう。

4)流れの速い水域等での使用を想定されますか?
主に出船場所が流れの早い川の河口付近等の場合は、十分検討を重ねる必要があります。個別にご相談ください。

5)価格差について
3万円の価格差がございます。ご予算に合わせてご検討ください。

6)免許取得の可能性はありますか?
2馬力を超える船外機をご使用になれば、免許取得と船舶検査の受検が義務づけられています。

7)維持費の差についての検討はいかがですか?
船舶検査を受けた場合は、その後3年毎に船舶検査を受検する必要があります。その費用はおよそ1万7千円~2万4千円程度(当社の場合の標準的な代金、代行手数料ならびに通信費用を含む、また5千円程度の発煙筒の代金も含む)となります。

8)海上における取り締り、罰則規定(海上保安庁による取り締まり)等に対する十分な知識がありますか
?
2馬力を超える船外機を使用し、免許取得の上、船舶検査を受けて海上航行をする場合は、各種の法定備品(主に、救命胴衣、救命浮環、信号紅煙、消火バケツ、黒球、係船ロープ、笛、工具、定員表示、救命胴衣着用シール)を船舶免許証ならびに船舶検査証書・船舶検査手帳の他に常備しなければなりません。それらを忘れると罰金(数万円~10万円程度)の対象となります。

詳しく
これまで一体艇を車のキャリアに載せてきました。これが分割ボートにした場合、どうやってキャリアに積めばいいですか?

車のルーフにボートを積む場合、安全上、大変大きな課題となるのが、走行中の「前方から受ける風圧」です。
これを考慮しますと、分割式ボートをキャリアに積む場合、分解して重ねた状態(船底が上向き)で載せていただくのが理想です。少しでもコンパクトにすることで、ウインドウガラスを昇ってきた風は、船体上をスムーズに通り抜けていくでしょう。また当社製の分割ボートは、バウデッキ(船首カバー)の後部立ち上がり部分が、キャリアバーにストッパーにあたるよう設計されております。急ブレーキをかけた場合でも、船体ならびにボートをしばるロープ等に過大な負担がかかりにくく、2重、3重に運搬上の安全性を確保しています。

詳しく
このページのトップへ