インフォメーション

オーパ・クラフトの社長ブログ

はねあげフロートを装着して走行するオーパ・クラフトの2分割ボート

開発方針

2016 .04 .01 staff

開発方針

20年以上も愛される一艇を、あなたに。独創的な発想と、妥協を許さないスタンスでこれからも製品開発を進めていきます。

安全性と、耐久性と、利便性。これはボートライフを快適に楽しむために必要な、三大要素だとオーパ・クラフトは考えています。しかも、これらがバランスよく、高次元でカタチにしなければ意味がない。そんな頑ななまでの方針が、すべての商品開発に貫かれています。だからこそ開発では、推察とシミュレーション、各種データの検証、その後のフィードバックを繰り返しています。さらに…

開発における三大要素

開発における三大要素

経済産業省から当社フロート事業が優れた「愛知のプラスチック」事業として認定

当社の「FRPの積層技術を活用し、転覆防止用フロートの装着を可能にした小型船艇の製造販売事業」。これが優れた地域産業資源(愛知県のプラスチック技術)を活用し、「安全性の飛躍的向上に繋がる独創的発想」を創出したという理由で評価。平成24年2月に経済産業省の事業認定を正式に取得しました。

経済産業省認定事業

「安全」に関して

フロート特許取得済み(特開2009-190509)

船首波よけ(ウェーブブロッカー)特許取得済み(特開2010-247564)

「便利」に関して

オリジナルドーリー特許取得済み(特開2008-007049)

オリジナル竿受け意匠登録済み(意匠登録1392210)

「快適」に関して

フロート波よけカバー実用新案登録済み(実登3154226)

コマセホルダー意匠登録済み(意匠登録1392209)

製造・直販を通じて、お客さまの声に応えつづけること。

オーパ・クラフトがこれまで数十年にわたり、数千艇の小型ボートを世に送り出してこられたのはどうしてか。その理由は、オーパ・クラフトが製造だけでなく、直販体制をとってきたことにあります。直販体制だからこそ、つねにお客さまの声に傾けられる。しかもその声をもとに改良しつづけた結果、お客さまのニーズにフィットするボートが生み出すことができたのです。

しかし、これで製品開発が終わったわけでありません。これからも多くのお客様の声に耳に傾けながら、こだわりを持って、ワクワクしながら開発を推進。ユニークで画期的な“もの”を世におくり出したいと考えています。新しい、楽しい発想はまだまだ続きます。これからもオーパ・クラフトにご期待ください。

すごい浮力! しかも、安全性&利便性もすごい!フェンダーフロート、開発秘話はこちら。